• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 被災者支援求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農業委員会の見える化
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

歴史的景観を守るため、農地の担い手確保に取り組む(明日香村農業委員会)

教えてもらった技術でイチゴを栽培する胡内さん

 

明日香村は、歴史的景観を守るため、耕作放棄地の解消を図ることが課題である。

農業委員会は、農地の担い手となる新規就農者の確保に向けた支援を行っている。その結果、2009年から7年間の取り組みで8人の新規就農者が地域に定着した。

去年就農した胡内雅裕さん(45)もそのうちの一人だ。以前から、就農に向けて研修を行っていたが、本格的に就農したいと農業委員会に相談した。

担当した農業委員は胡内さんに対し、地域農業者との顔合わせするため、座談会への参加の呼びかけや農地斡旋を行うなどの積極的なサポートを行った。。

胡内さんは現在、明日香村苺研究会に参画し、地元のイチゴ農家とともに技能研修をして技能を磨くなど自己研鑽に努めている。

 

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved