• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101 内線5623〜8

ダイヤルイン 0742-27-7419

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

遊休農地解消を通じて景観向上へ(桜井市農業委員会)

遊休農地解消に汗を流す農業委員ら
遊休農地解消に汗を流す農業委員ら

 

桜井市農業委員会(杉本義衛会長)は、ハイキングコースとして親しまれ、日本最古の道といわれている「山の辺の道」周辺において、景観向上を目的に遊休農地解消活動を展開している。

この取り組みは、荒れた農地を再生し、景観をよくすることで観光地としてより魅力あるものにしたいとの思いから始められた。選んだ約25eの農地は、背丈以上の雑草や雑木が生い茂っている状況であったが、農業委員が中心となって再生作業を行った。

解消した農地には、ヒマワリ、コスモスの植え付けや、ソバ、ジャガイモなどの栽培を行った。また、きれいな風景の中で農業に触れることで、より多くの方に「山の辺の道」や農業を楽しんでもらおうと、一般の方を対象にジャガイモの収穫体験なども積極的に実施している。

杉本会長は「『山の辺の道』周辺をきれいにすることで、たくさんの人たちに楽しんでもらいたい。これからも継続して取り組んでいきたい」と話す。

 

全国農業新聞 平成26年10月10日号

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved