• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 被災者支援求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農業委員会の見える化
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

原材料確保のため遊休農地への作付け拡大を促す
−うるち米「ひのひかり」で日本酒を試験的に開発−

耕作放棄地解消に力を入れる農業委員ら 平成25年の活動報告

 

香芝市農業委員会(吉村増雄会長)は、地域に点在する耕作放棄地の解消を図るため、うるち米を使った日本酒の試験開発に向け、市内耕作放棄地で原材料となる「ひのひかり」栽培に取り組んだ。

同市農業委員会と市内酒造会社が連携し行われたこの取り組みは、香芝市産農産物の特産品開発を図るとともに、原材料を確保するための作付け拡大を耕作放棄地所有者等に呼びかけ、放棄地の解消を図ろうとするもの。

市内2箇所の耕作放棄地をモデルほ場として選定し、農業委員自らが耕起、草刈、田植、稲刈などを実施。耕作放棄地約28eを解消するとともに、取り組み内容を説明した看板を設置し地域農業者への理解を促した。

収穫した約1トンの「ひのひかり」は、地元酒造会社へ引き渡され、今年10月には新酒1,440リットルが出来上がる予定だ。

P村会長は「農業委員会の取り組みで、一歩ずつでも地域農業の振興と耕作放棄地の解消につなげていきたい」と話す。

 

平成26年5月16日(全国農業新聞掲載)

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved