• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 被災者支援求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農業委員会の見える化
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

農業委員が遊休農地解消を呼びかけ(生駒市農業委員会)

積極的に遊休農地解消活動を啓発する農業委員のみなさん

 

生駒市農業委員会(井上良作会長)では、モデル展示ほを活用した遊休農地の発生防止PRと解消に向けた取り組みを展開している。

この取り組みは、「農業委員が先頭に立って遊休農地の解消活動をおこなっていこう」との機運から始めたもので、昨年度は約7アールの遊休農地を解消した。

解消農地に、サツマイモを作付けし、地域の子ども会などを対象に収穫体験を行うほか、看板での啓発や市農業祭を活用し、農業委員会活動のPRと市独自の「遊休農地活用事業」の活用を地域住民に呼びかけた。

市が独自ですすめる同事業は、遊休農地を市が無償で借り上げ、市民に貸し出す仕組みで、平成21年度から実施している。指導員が営農指導を随時おこなっており利用者に好評で、現在約150名が利用している。

また、今年度は約13アールの遊休農地を解消し、メロンとマクワウリを作付け予定で、同市の特産品として作付け拡大を啓発することで、遊休農地解消を目指している。

井上会長は「遊休農地の解消活動を通して、農業者に農地の有効活用を呼びかけるとともに、市の遊休農地活用事業にもつなげていきたい」と遊休農地解消への取り組みに意欲をみせる。

 

平成25年7月5日 全国農業新聞掲載

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved