• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 被災者支援求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農業委員会の見える化
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

遊休農地対策で栽培したそば使い特産品づくり(斑鳩町農業委員会)

「中宮寺門前そば」の試食会風景 乾麺タイプの「中宮寺門前そば」

 

斑鳩町農業委員会(福田武二郎会長)は、遊休農地約80eで栽培したそばを使った乾めんタイプの「中宮寺門前(ちゆうぐうじもんぜん)そば」完成に伴う試食会を平成22年9月22日、町や農業委員会の関係者30人が集まり中宮寺で開催しました。

この取り組みは、同町農委会が遊休農地解消活動の一環で栽培するそばを大和郡山市の大徳食品(乾昭夫社長)が加工し、町特産品として販売するもの。

農商工連携の第2弾で、第1弾の生めんは昨秋に販売され、年間1万5000食を売り上げている。さらに販路を広げようと、日持ちのする乾めんを新たに開発。

また、商品は聖徳太子ゆかりの中宮寺の協力を得て、日野西光尊門跡(ひのにしこうそんもんぜき)が命名。試食した日野西門跡は「細めんでのどごしが良くておいしい」とPR。

今回販売される乾めんは、同寺や法隆寺iセンターで販売されるほか、今後は百貨店での販売も検討。

福田会長は「増加する遊休農地の活用策として、06年からそばなどの試験栽培を推進してきて、5年間の努力は実った。作っても売れない悩みから、これからは途切れることのないブランドにしたい」と意気込む。

 

平成22年11月5日 全国農業新聞掲載

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved