• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 被災者支援求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農業委員会の見える化
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

奮闘!集落営農活動 カラハリスイカで遊休農地解消(秋津集落営農組合)

遊休農地でのカラハリスイカの収穫作業風景 一般のスイカより一回り小さく楕円形

 

御所市池之内の秋津集落営農組合(辻井義治組合長)では、遊休農地(約30アール)を活用した”カラハリスイカ”の生産に取り組んでいる。

同地域では、農業従事者の高齢化・担い手不足等により、農地の荒廃が課題となるなかで”集落の農地は自分たちで守ろう”と同組合を昨年に18名で発足した。

カラハリスイカは、アフリカの砂漠に野生するスイカで、果汁は美容・健康に効能があるとされ、健康飲料などとして製品化されている。

8月には収穫が終わり、約9dの収穫があった。収穫されたスイカは、JAならけん(農商工連携事業)より生産委託されているので売り先も確保。

さらに、収穫後の農地もサツマイモ・白菜・大根・キャベツ・ブロッコリー・ジャガイモなどの秋野菜の栽培に再活用している。遊休農地を活用した取り組みがきっかけとなり、地域農業の活性化にも期待されている。

辻井組合長は「今後も遊休農地を活用し、栽培面積を増やせるよう集落営農の活動を取り組んでいきたい」と遊休農地解消に積極的だ。

 

平成21年9月2週号 全国農業新聞掲載

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved