• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 被災者支援求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農業委員会の見える化
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

明日香から届ける有機農産物

「『明日香といえばオーガニック』といってもらえるまで頑張ります」と樽井さん
「『明日香といえばオーガニック』と
いってもらえるまで頑張ります」と樽井さん

 

「有機栽培する安心・安全な農産物をたくさんの消費者に届けたい」とサラリーマンから転身し、明日香村で就農した樽井一樹さん(38)。地元農家や農委会の協力により、約60アールの農地で有機農業を実践している。

就農当初は、経験不足等から思うような栽培が出来ないなど、悔しい思いをたくさんしたという。悔しさをバネに現在、年間70〜80種類の野菜や古代米を栽培し、東京のレストランなどへの販路も広がった。

また、有機農業を実践する新規就農者と消費者をつなぐ場所を提供しようと、樽井さんを代表にメンバー9人で生産者グループ「明日香ビオマルシェ」を昨年立ち上げ、朝市を村内で毎週金曜日に開催している。

同村農委会の中川貴雄主査は「新規就農の成功例であり、これからの若い人たちのリーダーになってほしい」と期待を寄せる。

 

平成27年2月1週号

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved