• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 被災者支援求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農業委員会の見える化
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

唐辛子にこだわり経営を確立

自慢の一味と芥川さん
自慢の一味と芥川さん

 

「どこよりも辛さにこだわっています。『唐辛子といえば芥川』と言われるようになりたい」と話すのは、桜井市で新規就農し、約25アールの唐辛子を栽培する芥川雅之さん(45)。

食品加工会社で働いていたが、農業者と接する機会も多く、その人たちが活き活きと仕事をする姿を見て、自分もやってみたいと思い就農を決意した。

農の雇用事業の研修生として、葛城市の寺田農園(株)で1年間技術習得に励んだ芥川さん。大きな壁と思われた農地取得も「農業会議やJAの支援のおかげで条件の合う農地に巡り会えました」と話す。

独立就農後は、多くの作物を栽培するも思うように売上が伸びず苦しい時期が続いた。そんな中、JAから「鷹の爪を作ってみないか」と声が掛かり栽培したところ思いのほか好評で、唐辛子の本格栽培を始めるきっかけとなった。

いまでは、15種類の唐辛子とその加工品である一味を、主にインターネットで販売。特に辛党の間で評価が高く、マスコミからの問い合わせも多いという。

芥川さんは「農業でやっていくには、他とは違う付加価値を産み出すことが大切。頑張ってそのヒントを見つけてほしい」と新規就農希望者にエールを送る。

 

平成26年5月3週号

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved