• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 被災者支援求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農業委員会の見える化
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

黒滝白キュウリの栽培を奨励し、農地活用を促す(黒滝村農業委員会)

黒滝白キュウリを育てる集落支援員の樋口源一さん

 

黒滝村農業委員会(上北康雄会長)は、村の伝統野菜「黒滝白キュウリ」の栽培を地元農家などに普及する活動に取り組んでいる。

黒滝白キュウリは、果実全体が白く、えぐみのないコリコリした食感が特長で、古くから漬け物などにして親しまれている。江戸時代から栽培されていたとされ、現在まで種子を受け継いで栽培し、2014年12月に奈良県より大和の伝統野菜に認定された。

2016年は、地元農家や村内小学校などに約1100株の苗が無償で配布され、村民が一丸となって栽培に取り組んでいる。農業委員会は、栽培の呼びかけを行うほか、上東正明さん(79)ら農業委員4人が自ら栽培しており、作付面積のさらなる拡大を目指している。

上北会長は、「地元の伝統野菜を広く伝えられるよう今後は加工・販売などにも協力し、村内農業の活性化につなげていきたい。」と意気込む。

農業委員会ではこのほか、同村赤滝の遊休農地約1eを活用し、サツマイモを7月に植え付けた。地元の小学生などを対象に収穫体験を行い、農地の大切さを伝える予定で、サツマイモの一部は、今後設立予定の地元の加工組合で「ベジパウダー」などに加工し、販売するという。

上北会長は、「農地の活用に率先して取り組み、遊休農地の発生を食い止めていきたい」と抱負を語る。

 

平成28年9月2日(全国農業新聞掲載)

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved