• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101 内線5623〜8

ダイヤルイン 0742-27-7419

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

農業委員自らが遊休農地解消を行うことで農地の大切さを訴える「桜島大根」で遊休農地解消をアピール(大淀町農業委員会)

農業体験を楽しむ子どもたち
解消した農地に「桜島大根」の種まきをする農業委員

 

大淀町農業委員会(上尾年雄会長)では、地域住民に農地の大切さを理解してもらおうと、今年度より町内の遊休農地を活用し「桜島大根」の植え付けを行っている。

同農業委員会ではこれまで「委員会で何か新たな活動に取り組もう」と委員間での話し合いが行われてきた。特に町内で年々増加する遊休農地は大きな課題で、歯止めをかけるための取り組みが必要となっていた。

鹿児島県への視察研修などを行い、取り組み内容を検討し、世界最大種の「桜島大根」を植え付けすることに決まった。

今年8月より、町内約7アールの遊休農地にて草刈りや耕起、種まきなどを全て農業委員の手で行った。順調に育てば、来年1月頃に収穫予定となっている。

上尾会長は「こうした活動を広く理解してもらうことで、他の地域にある遊休農地の解消にもつながってほしい」と話す。

 

平成26年11月14日(全国農業新聞掲載)

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved