• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 被災者支援求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農業委員会の見える化
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

香芝市農業委員が遊休農地解消活動をPR(香芝市農業委員会)

遊休農地解消を自ら積極的にPRする農業委員 市イベントで解消活動の取り組みをPR

 

香芝市農業委員会(吉村増雄会長)では、増加傾向にある遊休農地の発生防止と解消に向けた取り組みとして、農業委員自ら市内2箇所のモデルほ場での遊休農地解消活動を展開している。

この活動は、農業委員会がおこなう定期的な農地パトロールのなかで「農業委員会として、遊休農地解消を率先して行動していかなければ」との農業委員の声などから、平成24年度から新たに始めた取り組み。

農業委員自らが遊休農地約13アールを解消し、看板の設置や同市イベントで解消活動をPRするなどして、地域住民に農地の有効利用を積極的に呼びかけている。

解消したモデル農地では、味噌加工用大豆と黒豆大豆の作付けから肥培管理、収穫作業までをおこなった。同市の地場産品「かしば香るみそ」の原料となることから、市内農業者に作付けを推進している。

黒豆大豆は、遊休農地解消と自給率向上を広くアピールするため、昨年11月に開催した「香芝ふれあいフェスタ2012」で農業委員会ブースを設置し、市民に無料配布した。

吉村会長は「遊休農地の解消活動を通して、農業者に農地の有効活用を呼びかけるとともに、市民に農業の大切さを知ってもらい、農業者とのより良い関係づくりに努めていきたい」と遊休農地解消への取り組みに意欲をみせる。

 

平成25年5月24日 全国農業新聞掲載

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved