• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101 内線5623〜8

ダイヤルイン 0742-27-7419

FAX 0742-24-8576

活動の様子 奈良県農業会議

大和トウキで「ならこすめ」発売! 〜遊休農地解消にも一役〜(明日香村農業委員会)

化粧品「ならこすめ」のPR 化粧品「ならこすめ」を見る来場者

 

明日香村安部山の集落営農組織「えいのうキトラ」(山本雅義会長)は、地域特産物「大和トウキ」を使った化粧品などのPRイベント「当帰(とうき)祭」を9月30日に開催しました。

大和トウキ(セリ科の植物)は、漢方薬の原料となる薬草で、同組織と行政・企業が連携し、化粧品「ならこすめ」を開発しました。高松塚古墳壁画をあしらったデザインの限定パッケージで、10月1日から村内の直売所などで販売されています。

同組織は、「集落の農地は自分たちで守ろう」と地元農業委員らが呼びかけ、平成17年に水稲・大豆を生産する組合として設立。平成21年から遊休農地(約20アール)を活用した大和トウキの栽培に取り組んでいます。

当日は、商品化された化粧品のPRをはじめ、大和トウキの栽培状況の見学や同組織が栽培する野菜の収穫体験などがおこなわれました。来場した参加者からは「農業者の方々が手がけた商品なので一度は使ってみたいですね」と好評でした。

また、村農業委員会も食農教育の一環として参加し、同組織が栽培した黒大豆を使った料理の試食会やレシピ提供などイベントを盛り上げた。

山本会長は「今は新しい品目の薬草にも取り組んでいます。今後も地域農業の活性化を目標に遊休農地の活用を進めていきたい」と奮闘する。

 

平成24年10月12日 全国農業新聞掲載

Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved