• 奈良県農業会議 コンテンツ
  • 農業会議とは
  • 業務内容
  • 農業者年金
  • 新規就農対策
  • 新たに農業を始めるには?
  • がんばる新規就農者
  • 奈良県の農業法人等の求人情報
  • 被災者支援求人情報
  • 新規就農者受入支援情報
  • 奈良県の農業インターシップ受け入れ情報
  • 日本農業技術検定とは
  • 担い手対策
  • 認定農業者への支援
  • 農業法人化への支援
  • 奈良県農業法人協会
  • 農業雇用改善への支援
  • 雇用の支援(農の雇用事業)
  • 経営継承の支援(農業経営継承事業)
  • 農業委員会の活動
  • 農業委員会の見える化
  • 農政なら
  • 賃借料情報
  • 地域農業活性化活動
  • 遊休農地解消事業

奈良県農業会議

〒630-8501

奈良市登大路町30番地(県分庁舎内5F)

TEL 0742-22-1101

FAX 0742-24-8576

“コンニャク”で6次化体験

 

奈良県農業会議(増井勲会長)は、このほど一般消費者に県内産農産物の魅力や農業への理解を深めてもらおうと、コンニャクイモを使った「食農体験ツアーin奈良」を三郷町で開催した。

この取り組みは、県農業会議と遊休農地解消活動の一環でコンニャクイモを栽培する三郷町農業委員会、奈良県農業法人協会が共催。農業サイドから食農教育の重要性と地域農産物の活用方法について積極的に発信した。

当日は、インターネット募集などで県内外から集まった20名の一般消費者が町農委会の下村修会長や職員らの指導のもと、町文化センターでコンニャクの手作り体験や圃場での収穫体験を楽しんだ。

続いて、同町の農業生産法人(株)農業公園信貴山のどか村に場所を移し、コンニャク料理や地元野菜をふんだんに使った地産地消ビュッフェを味わった。様々な料理の活用方法に参加者は目を丸くしていた。

また、国から認定を受ける同社のコンニャクイモの6次産業化の取り組みや、遊休農地解消活動に積極的に取り組む町農委会の取り組みについて学んだ。参加者はメモを取りながら熱心に耳を傾けていた。

 

コンニャクイモについて説明する下村会長 6次産業化や遊休農地解消活動の取り組みに耳を傾ける参加者
コンニャクイモについて説明する下村会長 6次産業化や遊休農地解消活動の取り組みの
説明に耳を傾ける参加者
 
いろいろな大きさのコンニャクイモとコンニャクの手作り体験指導 収穫したコンニャクイモ
いろいろな大きさのコンニャクイモと
コンニャクの手作り体験指導
収穫したコンニャクイモ
Copyright© 2009 The Agricultural council in NARA Prefecture. All Rights Reserved